Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

女の恋愛のツボ

 ネットを徘徊していたら、こんなコラムを見つけた。
私が入ったのは「悪魔の花嫁」のページからだ。
 その昔、美人な悪魔に萌えたことを思い出す。

 世代的に漫画が多くて、つい全部読んでしまったが、実によく女心を説明している。
男と女の脳が違うから、萌え部分も全く違うのだ。
 美人や中性的な人萌えな私だが、なぜか「ベルバラ」や「ヅカ」は興味がない。
なんつーか、ケバ過ぎるんだよね。


 女の身からすると、「男というヤツは~~!!」みたいなことが多い。
多分、男からしてもそうなんだろう。
 私の経験からして一番不可解なのは、
「別れた女が、ずっと自分を好き」と思いこんでる男が多いことである。

 世に離婚は多いが、復縁を迫って元パートナー宅を襲撃するのは断然男が多い。
つか、目立つ。
 なぜ、自身に、そんな絶対的な価値観を持てるのかギモンだ。
 
 そもそも、「別れた」という事実からして、
好きじゃないから、あるいは、好きではあるが、
なんらかのワケで未来がいい方向に向くとは思えない、とか、
そういう「何か」があるから別れたハズ。
 嫌われた相手に迫っても無理だって!

 
 女は現実的なのだ。少なくとも私はね。
愛では腹は膨れない。
 どんなに好きな相手でも、
口紅一本も買えないようなド貧乏生活するくらいなら、
そこそこ無難な相手と結婚する。
 「別れても好きな人」なんてのは、所詮、歌の中の設定だろう。
  

 女は、特別に愛してなくても、付き合いで食事に行くし、
基本的に協調性もある。
よほど嫌いな相手じゃない限り、…イヤ、そこまで嫌いならそもそも、
でも、仕事やなんかの付き合いのある相手なら、無下にも出来んしな…


 まあ、アレだ。
その場の雰囲気を悪くしないように、
…っつーか、無言で居たら、自身が居たたまれないから、
そこそこ愛想よく相手をするモンだ。
 
 でも、愛してるワケじゃない。
少しでも憶えのある男は、コレでも読んで、女心を理解すれば、
モテるようになる…かも知れない。

以下 少女漫画に学ぶ[ヲトメ心とレンアイ学]より、一部を転載

『悪魔の花嫁』編より
70年代、性的描写がタブーだとされてきた時代の少女漫画でも、
なんだかんだいって主人公に欲情する男キャラは多かった。
しかし、デイモスは違う。
悪魔のくせに非常に理性的である。

ウロウロチョロチョロ、美奈子の周りに半裸でくっついてるくせに、
突き上げるものはないようである。
なのになぜ、この漫画は少女たちに熱烈な支持を受けているのか。

いや、もちろん恋愛とかけ離れたところでのストーリーのおもしろさはある。
初期少女漫画特有の荒唐無稽さ、ミステリ仕立ての構成、
貧乏人と金持ち、ブスと美人の比較など、暗いテーマ。
しかしそれだけではなく、デイモスが抱える苦悩が非常にヲトメ的なツボを突くのである。

美奈子にくっついてるうちに、
すっかり美奈子が好きになってしまったデイモスは、
美奈子を殺してヴィーナスにその身体を与えることにためらい始めてしまう。

しかし、かわいそうなヴィーナスは、
自分のためにまさに"腐女子"となって苦しんでいるのだ。
早く美奈子を連れて行かなくては……
でも、でも、美奈子ちゃん、いい子だし……と悩むデイモス。
これが少女の自尊心を刺激する。

誰かが、自分のために悩んでいる……私って、そんなにすごい人なのねと。
女はとにかく、

「人の男を奪ったりして、私って悪い女」
「気のない人から好かれて、困っちゃってるのよねえ」

と言って、いい子ぶってほくそ笑みたい動物なのである。
ヴィーナスと美奈子に挟まれて、うんうん悩むデイモスは、
少女たちにとっては非常に(都合の)いい男なわけだ。


01deimos.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

脳内画像再現 「秘密」のMRI技術が近未来に?

 いや~ 
ネット巡ってたら、凄いニュースが出ていた。
脳内画像が出力できる技術なんて、漫画の中だけの話と思ってた。

「心はどこにあるのか?」なんて論議も笑い話になりそうだ。
「人の個性」とか、「人の意識」とかって、結局、脳のデータなんだろ。
じゃ、脳内データを別の容器(体)に入れたら、その人になるんだろうか?
 こうなると、「機械」と「人」のボーダーラインも微妙になってくるよね。
 

 「今、私の脳を覗いたら、とてつもなく恐ろしい画が見えるわ」
と言ったのは、「秘密 トップシークレット」の2巻の犯人だが、
私の脳内もそうとうアレだ。
 
 しかも、夢の画なんて、普通とは違う意味で人には見られたくない。
反面、せっせと貯めた多種多様な脳内資料は、
劣化や死ぬ前に、誰かにコピーして残したいような気もするが、
方面が明後日過ぎるから、受け取った人が耐えられんかも。
 「クジャクに求愛のダンスを踊って欲しい」とか思うバカはそんなに居ない。
 

 子供?
そんなん生んだって、私がコピーされるワケじゃないじゃん。
実の妹も、母親さえも、全く違うタイプだし、
親戚中探しても同種は居ない(←叔父宣言)から、
私の性質は突発的なもの(←変人ともゆー)である率が高い。


 私が、もし人生やり直せたら、第一希望職業は研究者だな。
しかも、バリバリのマッド系

 で、タイーホされて終わり…ってか。
やっぱ、ダメじゃん。


 以下転載
夢を映像化!?脳内画像を脳活動から再現
http://sankei.jp.msn.com/science/science/081211/scn0812110201000-n1.htm

2008.12.11 02:00
被験者が実際に見た画像(上段)と、
そのときの脳活動情報を基にコンピューターで再現した画像(下段)
(国際電気通信基礎技術研究所脳情報研究所提供)
被験者が実際に見た画像(上段)と、
そのときの脳活動情報を基にコンピューターで再現した画像(下段)
(国際電気通信基礎技術研究所脳情報研究所提供)

 人が目で見て認識している視覚情報を、
脳活動を調べることで読み取り、
コンピューターで画像として再現することに
国際電気通信基礎技術研究所(ATR、京都府)などの研究チームが初めて成功した。

まだ単純な図形や文字で成功した段階だが、
将来は夢を映画のように再現できる可能性もあるという。
11日付の米科学誌「ニューロン」に発表した。

 物を見たときの視覚情報は、大脳の後ろにある視覚野という領域で処理される。
研究チームは被験者に白黒の画像を見せ、
視覚野の血流の変化を磁気共鳴画像装置(MRI)で計測。
脳の活動パターンから効率よく画像を解読するプログラムを開発した。

 実験で使った画像は小さなマス目を縦横10個ずつ並べたもので、
四角形や十字、アルファベットなど11種類。
被験者が画像を見てから4秒後に、
ほぼ原画に近い画像をコンピューターで再現できた。

また、見ているままの状態を動画で再生することにも成功。
再現精度は個人差があるが、カラー化も原理的には可能という。

 夢を見ているときや、頭の中で映像をイメージしているときも、
視覚野は活動すると考えられている。
ATR脳情報研究所の神谷之康室長は
「夢を読み取って画像化することも、荒唐無稽(むけい)なことではない。
医療での患者の心理状態の把握、
新たな芸術や情報伝達の手段などに応用できるかもしれない」と話している。

 人が見ているものを脳活動から解読する試みでは、
「縦じまか横じまか」といった単純な判別は可能だったが、
見ているもの自体を画像として読み取ることはできなかった。

被験者が実際に見た画像(上段)と、
そのときの脳活動情報を基にコンピューターで再現した画像(下段)
(国際電気通信基礎技術研究所脳情報研究所提供)
このページのトップへ

秘密の薪さん

修理に出したA1が、あの後、何の音沙汰もなし…
どうなってんの~?
もしかして、追加で買ったCFは無駄?


 「秘密」がアニメになったが、この地方では放映されなかった。
ガックリ… テープ買って待ってたのに。
 でも、ネットで見つけてみてる。

被害者の脳の記憶を取り出して映像化出来る装置「MRI」とその特殊班「第九」
美形壊れモノ系、年齢不詳の優秀な薪警視正は、
妙に元気で別人になってるし

薪さんお気に入りの青木君は、まあまあのイメージだけど、そこへあの設定持ってくるか?みたいな。

青木君の後輩だったはずの人は、先輩になってるし、生きているし…

岡部さんはまあ、普通にゴツイからいい(?)


掲示板覗いてたら、早速、薪人形が限定生産されていたという話が。
SDドルフィー=一体数万円を超す、リアル人形
ここに画像あり→SD薪剛
…なんて言ったらいいのか。

趣味の人は、同じものを「鑑賞用」と「保存用」と「予備」の分を買うらしい。
こんなん、沢山並べて、キモチ悪くないのか?
 趣味それぞれは普通に認める。 
モーホーもバイも鍋も妖怪もアリだ。
「私はイヤだ」という話だ。

 
 物ごころついた時には、既に人形大嫌い女だった。
「嫌い」も、嫌いで済むようなモンじゃなく、人形を見せるとひきつけを起こすので、家にはその類を置けなかったという。
デパートのマネキンを見た時も、酷く嫌ったらしい。


 人形好きな人は、その服にも金を掛けるので、どうせなら、そっちに手を出してみたいのだが、それには、まず、モデルの人形が要る。
人形の服なら、生地も少なくていいし、筋肉の運動量とかの緩みとか無しで製図が出来るわけだ。
 細い袖だと腕が上がらない、とか考えて、補正しなくてもいいってことだ。

 中古で安いの無いか?と、オクを覗いてみた。
「この子は、××年にお迎えしました。
なんたらかんたら… 素手では触っておりません」


 !!そういうカテ?
無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理!
絶対に無理!!!


 中古でも高いし、買えたとしても、私には、とても、あんなモノを身近に置いておくような根性は無い。

 少なくとも、自室には絶対に置きたくない。
「こっち見んな~!」とか、ぶっち切れて、窓から放り出しそうだ。
 動物の縫いぐるみくらいならいいが、人間に近くなれば近いほどキモチが悪い。
霊写真とかで「ここに霊が…」とかやってるじゃん?

ヒトは、点が二つ並んでいたら、それを顔と認識するようになっているので、無意識のうちに顔に見立ててしまうのだそうだ。

 動物は好きだが、馬とか、鹿とか、その他4つ足類、犬、猫、鳥とかはいいが、猿系は一切ダメ!
そこらで怪我した個体見ても、猿系ならスルーすると思う。
 

 昔、寮暮らしの頃、誕生日に、先輩が猿の人形をくれたのだが、マジ、処置に困った。
部屋替えの時、忘れたふりしておいて行ったら、持ってこられたという思い出が…
もちろん、その先輩が会社から去った直後に、思いっ切り捨てた。
「可愛いやろ」 って、どこがやねん!!
(とりあえず、私の領地内に無ければそれでいい)


 うちの母が趣味で作っている飛騨の民芸人形「さるぼぼ」ですら
「視界へ入らないどっかへやってくれ!」と思っているくらいだ。
理由なんてない。
本能的にキモチ悪い。
 
 小学生の頃、学校の夏休み行事で、地域の親子で出かけた先の施設入口で、渡された流行りの人形を、皆が喜んで受け取る中、私一人、断固として受け取らなかったというツワモノである。
小学生にして、既に、徹底的な自己確立(?)
 ふん、年季が違うわ!

 もし、母が死んだら、形見だろうがなんだろうが、あんなモノは、即刻処分してやる。
どうしてもダメなんだ! 
100の足があるという「アレ」に対する気持ちに近いものがある。

 オタ趣味で買ったユニコーンのフィギュアとKARRの模型は、枕元に置いて、寝る前に眺めている。
私が死んだら、同梱…イヤ、同葬(?)して欲しいと思ってるくらいだ。
 もし、KARRの実車が在ったら?
多分、外でもいいから傍で寝る。

 多分、私の感覚は「ヒト」のモノじゃないんだろう。
子供の頃の夢は、雄の孔雀を飼って求愛のダンスをして貰うことだった。
(だから、ダンスの上手な人に惹かれたのかも?)
 私自身は、何の不便も無いんで、別にいい。
↑ヒトの異性に魅力を感じないのは、別に不便ではないと思っている


このページのトップへ

「秘密」がアニメ化

 オク覗いてたら、うへ~!な記事見つけてしまった。
清水玲子 「秘密」 4月からアニメ放映

アレ をアニメ化~?
話は普通に近未来サスペンスだけど、惨殺殺人シーンてんこもりで
すっごいグロなのに、アレをカラーでぇ~??
 
 数年前、これのドラマCD企画があって、迷ったけど、応募しなかったのを後悔していた。
キャスト誰~???
けど「日テレ系」って、もしかして、この辺は外れの地域? 悶々…
 

放映区域の人は、ぜひ、視るように!!
でも、ヌルいファンタジー系じゃないから覚悟してね。
  
 
 近未来、特殊犯罪を暴くため、特殊捜査課「第九」が結成される。
死後の遺体の脳から、死者の見た画像を取り出す機器を使い、捜査が行われる。
あまりの壮絶さに、捜査課を抜ける人や、精神を病む捜査員が続出。
 
 高校生のような可愛い外見の年齢不詳エリート美人「薪」警視正は、同僚を自殺で失い、ちょっとイってしまっているリーダー。
 新人の「青木」サンが、牧警視正に叩かれながらも、根性で犯人を突き止めるが…


 話の筋とはズれるが、二巻で、犠牲となった盲目の少年の飼い犬の脳の画のシーンで泣けた。
犬の視線の記憶が流れ、ラストは、満開の桜の下のシーン。

「jip(犬の名)の見ていた色の無い世界は、いつも、いつも、愛と優しさに満ちて溢れていて、幸せで幸せで… 世界が、こんな風に美しいのならば、こんな風に優しいのならば…… 」 

ウチのワンコどもも、こんな視界で、私を見ていてくれるのだろうか?と。

このページのトップへ

鬼太郎の憂鬱

 気になっていたアレを見た。
「ゲゲゲの鬼太郎 実写版」

アニメ版を子供の頃に見、その妖怪を夢に見て以来、寺とかが大嫌いになったという、トラウマ漫画でもある。

いつぞや、リメイクされたのをチラ見したことがあるが、周りの人なんかは現代風になっていたのに、当の主人公の鬼太郎や、猫娘は、昔臭いままで、落胆した記憶がある。
「いっそ、今風の美少年キャラにすりゃいいのに」…と。

 実写版は、まさに私の願望通り、と、言えないこともないのだが、外見少年設定だってのに、見上げるほどにデカい鬼太郎に、半ズボンがイタかった。
 ってまあ、そんなことは大したことじゃないんだ。
あれはあれで面白いから。


 だが、私にとって、妙に後味の悪いエビが、心に引っ掛かっている。
目玉のオヤジの、「鬼太郎のホレた人間の記憶消し」だ。
 別に、妖怪と人が付き合ったっていいだろう。

 付き合ったからといって、結婚しなきゃならないというものでもない。
会いたいなんて思うのは、最初の数か月だけなんだし、別れも勉強のうちだ。
 っていうか、現実には、別れを切り出す側は、かなり難しい。
相手に愛想つかれるように仕向けたほうが楽だ。

 恋愛と結婚の何が違うって、そりゃ、恋愛は嫌いになったら別れりゃいいが、結婚は、そうはいかないという点だろう。

恋愛=自主的にくっついている
結婚=法やしがらみに縛られて

 この差は大きい。
それに気付くのは、結婚してしまってからである。

 第一、「付き合い」が持続するとも限らない。
350年も生きてりゃ、それなりに色んな出会いもあるハズで、デート三回目くらいには、鬼太郎が飽きるかも知れん。
 万一、付き合いが持続しても、片や、永遠に近い少年、片や、すぐに老いて婆である。

 相手の女が愛想尽かすことも、十分にありえる。
そもそも、鬼太郎は、妖怪とはいえ、いい年なのに、未だにプー。
学生のうちはともかく、いずれ、女が社会に出たら、そういう人についていけるものだろうか?
 
 イヤ、それ以前に、あのカッコの鬼太郎と、街中でデートする勇気は、小心者の私には無い。
 まず、半ズボンとチャンチャンコをなんとかして、次は下駄だな。
とりあえず、外見さえ繕えば、あとはなんとでも… イヤ、いろいろと無理があるわ。
 
とにかくだ。
目玉のオヤジ、余計なことせんでいいから、ほうっておけよ!
 とか思ったのは、単に、実写の鬼太郎が美人だったから、気の毒に思っただけかも知れない。
 人間として生きるのは、色々、面倒臭いものだ。
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する