Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

 捕らわれた鹿

14日、散歩コース沿いの鹿捕獲檻に小さな鹿が入っていた
DSCN5882.jpg

DSCN5881.jpg


翌日もそのままだった 檻主は近所の人ではないので毎日見には来ない
連絡先が檻に記してあるが、この雪では誰もホイホイ登れない。
2018_02_15015.jpg

空腹で降りてきて罠に入ったのに、最後にさらに空腹で死ぬのかと思うとやりきれない
どうせ殺されるんだけど、苦しみや恐怖を長引かせるのは、また別の話。
 ウチの畑にも鹿は来るけど、それで我が家が飢えて死ぬわけじゃない。
そんな想いは、やはり、「もし、私が鹿だったら」と、置き換え、自分が怖いから生まれるものだろうけど。

翌日、さすがにもう引き取っていっただろう、と思いつつ、
ウチの畑から、こっそりとニンジンを抜いて持って行った。
檻は空になり、また扉が上がっていた

 ここは過疎が急速に進んでいる。
三十年もしたら、空き家ばかりになり、鹿やイノシシだけが住んでいるかも
まあね、人が居なくなれば、作物も無いわけで、野獣はさらに食べ物に困るかも知れないが。
2018_02_15016.jpg


ついでの小ネタ 
つい出来心で、ネタ系の靴下を買った 多分、オカメインコ
2018_02_15017.jpg

三色セット …て、画像は二色だけど
2018_02_15018.jpg

スポンサーサイト
このページのトップへ

フクジュソウ開花

 今シーズンは、よく雪が降る
寒気が過ぎたと思えば、またすぐ次がやってくる

2/13日
DSCN58540.jpg

DSCN5853.jpg

DSCN5855s.jpg


2/15 雪が溶けると、フクジュソウが咲いていた
今年は寒気ばかり続いているのに、雪の下でも、ちゃんと春が近づいている
2018_02_15005.jpg

2018_02_15006.jpg

ちなみに、過去二年もほとんど変わらない時期に咲いている
気温より陽の時間に合わせてるのかも
2017 2/14
2017_02_14002.jpg

2017_02_14001.jpg


2016 2/17
2016_02_17002.jpg


そして早春の青、オオイヌフグリ
2018_02_15009.jpg

今が我が世と、茂るヒガンバナの葉の元にポツポツと。
2018_02_15010.jpg

二月になると、目に見えて陽が長くなった  夕方は六時頃までほんのりと明るい
日に日に長くなるこの時期が、一番嬉しいかも。
2018_02_15014.jpg

2018_02_15013.jpg

2018_02_15011.jpg

このページのトップへ

いきなり積雪

 昨日は妙に暖かかった。 あくまで「この時期にしては」だ。
今朝、いきなり積もっていた。
昨日、ゼラニウムを取り入れておいて良かった。

DSCN4555.jpg

DSCN4561.jpg

続きはこちらで 大雪、小雪
このページのトップへ

 先日の土日、近所の田では、もう稲刈りがされ、はさがけされている。
相変わらずのぐずぐず天気、明日の空すら危うい
DSC00973.jpg

 アゲハは赤や紫の花に集まる習性がある、という
そういえば、ヒャクニチソウにばかり集まっている。
 バタフライブッシュと呼ばれるブッドレアが傍にあるのに、
アゲハが好むという紫系の花にして、強い香を持つにもかからわず、
そこに来るのは、毎年、ヒョウモンとかタテハ類など地味系の蝶ばかり。


今季は、アゲハを呼ぶために、ヒャクニチソウを増やしてみたが、
今までとさほど変わらないような気がする。

DSC01135.jpg

ほんの数日の間にアゲハは減り、ヒョウモン系の蝶が増えてきた
DSC01139.jpg

DSC01140.jpg

DSC01141.jpg


DSC01143.jpg

DSC01159.jpg

DSC01160.jpg

DSC01161.jpg

蝶にも縄張りがあるので、来るのは同じ個体かと思えば、
羽根の様子から、一応、別の個体ではあるらしいと判る
 晩夏、もう、完全な翅をもつものは居ない

DSC01055.jpg

DSC01056.jpg


 ブッドレアを足そうと探していたら、矮性の品種があることを知った。
どうせ矮性ったって、剪定しなきゃ、私の背より大きくなるんだろ?
今あるものも、小型種ということで買ったのに、冬に刈りこんでも、夏にはかなり大きくなる。
 とか思いつつ、ネッシヨにあった、見るからに売れ残りらしい二色を買った。

確かに小型だった。 …一般的な草花のほうが大きい。
初夏から六号鉢で育成し、たいして成長しないそれの、
水やりにも疲れた八月、大きい方を地植えにしてみたが、
 背丈は… いや、枝の長さは、せいぜい30センチ、
花穂は10センチにも満たない。 未だ、この花に蝶がきたところを見たことが無い。
花は「虫を呼ぶため、目立つ姿や香を供える」 ものだが、これ、大型の蝶を呼ぶには無理があるだろ!

DSCN9324.jpg
このページのトップへ

アゲハ 夏を生きる美しい勇者たち

 八月も下旬、日照不足の夏が過ぎようとしている
蝶たちが、残り少ない命を燃やす
DSC00648.jpg


DSC00699.jpg

DSC00700.jpg

DSC00701.jpg

DSC00702.jpg

DSC00703.jpg


DSC00662.jpg


DSC00738.jpg

DSC00739.jpg

DSC00740.jpg

DSC00741.jpg

DSC00742.jpg


花に留まってるのがキアゲハ、腹のボテ感からして多分メス、
それにちょっかい掛けてるのはナミアゲハ、同上の様子からして多分オス
種類違いではあるけど、自然界でも、この程度の交雑はたまにあるらしい
DSC00527.jpg

両方とも、後ろ翅の一部は欠けていて、生きることの過酷さを物語っている
DSC00528.jpg

DSC00529.jpg

DSC00530.jpg

DSC00531.jpg

DSC00532.jpg

DSC00533.jpg

DSC00534.jpg

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する