Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

キクザキイチゲとコバイモ

 このところ、真冬に戻ったかのような寒さが続いている。
畑の睡蓮鉢にも、連日氷が張っている。
昨日など、高山市では積雪したらしい。
 おかげで?日曜は風邪ひいて寝ていた。前日に、無理して春服を着て出たせいもある。

しかし、もう、じきに四月、この季節にも氷… 週末は地元神社の春祭りなのだが。
DSCN5805.jpg

モンシロチョウが居た。 今季初の飛翔姿か!と構える。
飛び立ったと思えば、すぐに止まる。羽が変だった。
 羽化したての羽を伸ばす時間だったのか、もう固まってしまったのか…
DSCN5817.jpg

自由に飛べる生き物として生まれながら、飛べないのはツライな。
DSCN5816.jpg


散歩道周辺のキクザキイチゲ  三日前くらいから、咲きそうで咲かない姿を見ていた
時間的に日が陰っていたのもあるが、やたらに寒いのだ。
DSCN5880.jpg

ここは群落なのだが、竹藪で日あたりが悪いせいか、毎年、数輪しか咲かない
DSCN5881.jpg

DSCN5885.jpg

DSCN5878.jpg


散歩道沿いの自生コバイモ  地域的に、多分、ミノコバイモ
DSCN5869k.jpg

今年はこの二株しか見つからなかった
人の手が離れ、ススキなどの多年草が蔓延り、どんどん土地が荒れていくから無理もない
DSCN5872k.jpg

DSCN5871k.jpg

DSCN5875k.jpg

DSCN5874k.jpg


そのてん、すみれは、どんな小さな地面でも増えていく根性を持つ
気まぐれに、自宅の鉢植えの隅に植えたものが、隣の鉢にまで種を飛ばし、どんどん増えてしまった。
 いつぞや、街中の川に掛かる橋の欄干際の角、ほんの僅か溜まった土に、
ずらーっと一列にスミレが生えているのを見かけたことがある。
DSCN5876v.jpg

DSCN5866v.jpg

DSCN5867v.jpg

和タンポポ
DSCN5887.jpg

西洋タンポポ  そんなん判るの? とよく聞かれるが、西洋種はガクが反り返っている
そんなの見なくても、慣れれば、一見で判る。
西洋種のほうが花びらが多くてこんもり咲くからだ。
DSCN5911.jpg

DSCN5907.jpg

冬場、全く日が当たらず、遅くまで雪が残っていた山際も、
短い間ながらも、日が差し込んでいた
DSCN5897.jpg

人にとってお呼びでない杉の花も盛り…
DSCN5892.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

水仙

 浅春、千里を香る沈丁花。この香に会うと、懐かしい想いが目覚める。
匂いは、ダイレクトにヒトの記憶を呼び覚ます
DSCN5804.jpg
膨らみかけたまま止まった白蓮の蕾は、すでに霜で焼けている
DSCN5807.jpg

普通サイズの水仙が少し咲いた
DSCN5798.jpg

DSCN5799.jpg

DSCN5801.jpg

DSCN5803.jpg

DSCN5812.jpg

DSCN5813.jpg

盛りを過ぎたミニ水仙とチオノドクサ
DSCN5915.jpg

ハナニラすらも立ち止まる寒さ
DSCN5809.jpg

菜の花
DSCN5810.jpg


桜 といっても、これは早咲きの小さな花、佐藤錦ぽいサクランボが生る。
ちなみに、これらしい種を植えているのは割と見かけるが、ヒトは実を食べることはまずない。
決して、放棄しているわけでなく、色づくと、早朝に鳥に食われてしまうからだ。
DSCN5902.jpg

DSCN5903.jpg

DSCN5898.jpg


終盤を迎えたクリスマスローズ
DSCN5914.jpg

開花株で買ったネモフィラは、相変わらず徒長を続けている
DSCN5913.jpg

芍薬の芽  なんか、妖怪?の手みたい
DSCN5808.jpg

その妖怪?は、こんな花が咲く 二段咲きの芳香種 エンジェルチークス
一昨年か、その前くらいに、近所のホムセンでヨレヨレの花終わり株を買い、
去年、ようやく咲いた。
 
 ボタンとか、大輪の花は可愛げがなくて好きじゃないんたが、これには感動した。
ふんわりした雰囲気、特に世話も要らんし、地上部は冬には枯れ、大きくなりすぎることもない。
薔薇より楽で凄い!と舞い上がったが、いかんせん、開花期がごく短い。
 そうして、早くも、収集をやめたのである。
DSC03886.jpg

DSC03911.jpg

DSC03936.jpg

DSC03889.jpg

DSC03887.jpg

DSC03913.jpg

芍薬は、宿根草なのだが、結構開花が難しい。
気まぐれに、安い小苗を買ってくると、開花株になるまで年数が掛かるし、
蕾が出ても途中で枯れたり、蕾が膨らんでも自力で咲かないこともある。
 ちなみに、これの前に買った2苗は、まだ一度も咲かない。

 咲き進むと、さらに盛り上がり、クリームなんちゃら菓子を思わせる姿になる
DSC03984.jpg

DSC03986.jpg

DSC04052.jpg

DSC04049.jpg

このページのトップへ

オス化する小雪

 
小雪は、雌なのに、たまに、足を上げてトイレする
手術すると、メスはオス可する、というが、まさにソレらしい。

関係あるのか無いのか、未だに、戸外では小型犬とは思えないように疾走し、
室内でも、なにかにつけ、激しくチャカチャカして鬱陶しい

DSCN5622.jpg

DSCN5623k.jpg

別の日
DSCN5695.jpg
このページのトップへ

ミヤマカタバミ

 近所の神社脇の山すそに、ミヤマカタバミが咲いていた
いつもながら、ひっそりと、多分、他の地元民は、気にも留めないだろう、小さな白い花
DSCN5706.jpg

DSCN5703.jpg

DSCN5705.jpg

DSCN5708.jpg

DSCN5710.jpg

DSCN5712.jpg

DSCN5713.jpg

DSCN5714.jpg
うつ向いて、ひっそりと、春を告げる
DSCN5715.jpg

あちこちで梅が盛りになった。
春の空は霞む。黄砂か花粉か… 
DSCN5697.jpg

フキノトウは、もはや花となり、力強く立ち上がる
ちなみに、これらは雌花
DSCN5694.jpg

DSCN5693.jpg

半ば雑草化したムラサキハナナ
コバルトバイオレットが綺麗
DSCN5727.jpg

DSCN5726.jpg

大輪系の水仙が咲いた。まだ、古い種類のものだけ…
DSCN5728.jpg

こちらはミニ 花盛り
DSCN5666.jpg

DSCN5662.jpg


DSCN5664.jpg

チオノドクサ ピンク  セットでブルーもあったのだが、最初の年に咲いただけな気がする
DSCN5730.jpg

なんちゃらシラーは、この一株のみになってしまったようだ
DSCN5663.jpg

枝咲きヒヤシンス 球根を買って三年ほどで、随分ショボくなってしまった
DSCN5729.jpg


スギこぶ病 というのを知った。
神社境内とか、杉の折れた枝が沢山落ちているのだが、
それにはたいてい、ごつごつしたコブがある。
見上げれば、その枝の持ち主だったらしい木にも、無数のコブがついている。
どうみても健康的ではない。

 コブ自体は子供のころから見知っていたが、単に、コブがつているな~と思っていた。
最近、バラの根コブ病発症で、コブが気になるワケだ。
 調べてみると、癌腫ではなく、上記のコブ病だった。
こちらも感染するらしく、よく見れば、そこら中、コブだらけ…
戦後に造林始めた頃もそうだったんだろうか…?
 こんなに広大では対処のしようがないなぁ…
DSCN5721.jpg
このページのトップへ

藪椿とスミレ


梅が盛り
DSCN5627.jpg

ピンクの梅の木には、
DSCN5631.jpg

去年の烏瓜が干からびてぶら下がっている
DSCN5632.jpg

藪椿たち
DSCN5635.jpg

DSCN5637.jpg

DSCN5639.jpg

DSCN5640.jpg

足元に、小さなスミレが一輪
DSCN5641.jpg

小さな虫が止まっていた
DSCN5644.jpg

DSCN5645.jpg

田にタンポポが咲いている この区域はほとんどが西洋種だ。
DSCN5649.jpg

春の風は、未だ、冷たくて強い
DSCN5654.jpg

DSCN5648.jpg

DSCN5655.jpg

白蓮、もう少しで開花、そして、例年のごとく、霜で焼けるんだろう
DSCN5658.jpg

こちらは、今季のビオラたち
花がショボいのは、冬の間に傷んでしまったからだ。
DSCN5669.jpg

二色混合に見えるが、これは、色が変わるタイプ
咲き始めは白で、薄紫に変色する
初期は特殊なタイプだったんだろうけど、今は、近所のホムセンで、他のビオラに混じって売られている
DSCN5670.jpg

こちらも、別種の色変わり種だが、発売間もないため割高で、販売数も少ない。
黄色から紫へ変化する
DSCN5672.jpg

先日撒いて、ビニールトンネルに移植したヒナゲシは、未だ、苗というには程遠い
DSCN5668.jpg
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する