Azure Sky

日常の出来事、想いを記します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

 先日の土日、近所の田では、もう稲刈りがされ、はさがけされている。
相変わらずのぐずぐず天気、明日の空すら危うい
DSC00973.jpg

 アゲハは赤や紫の花に集まる習性がある、という
そういえば、ヒャクニチソウにばかり集まっている。
 バタフライブッシュと呼ばれるブッドレアが傍にあるのに、
アゲハが好むという紫系の花にして、強い香を持つにもかからわず、
そこに来るのは、毎年、ヒョウモンとかタテハ類など地味系の蝶ばかり。


今季は、アゲハを呼ぶために、ヒャクニチソウを増やしてみたが、
今までとさほど変わらないような気がする。

DSC01135.jpg

ほんの数日の間にアゲハは減り、ヒョウモン系の蝶が増えてきた
DSC01139.jpg

DSC01140.jpg

DSC01141.jpg


DSC01143.jpg

DSC01159.jpg

DSC01160.jpg

DSC01161.jpg

蝶にも縄張りがあるので、来るのは同じ個体かと思えば、
羽根の様子から、一応、別の個体ではあるらしいと判る
 晩夏、もう、完全な翅をもつものは居ない

DSC01055.jpg

DSC01056.jpg


 ブッドレアを足そうと探していたら、矮性の品種があることを知った。
どうせ矮性ったって、剪定しなきゃ、私の背より大きくなるんだろ?
今あるものも、小型種ということで買ったのに、冬に刈りこんでも、夏にはかなり大きくなる。
 とか思いつつ、ネッシヨにあった、見るからに売れ残りらしい二色を買った。

確かに小型だった。 …一般的な草花のほうが大きい。
初夏から六号鉢で育成し、たいして成長しないそれの、
水やりにも疲れた八月、大きい方を地植えにしてみたが、
 背丈は… いや、枝の長さは、せいぜい30センチ、
花穂は10センチにも満たない。 未だ、この花に蝶がきたところを見たことが無い。
花は「虫を呼ぶため、目立つ姿や香を供える」 ものだが、これ、大型の蝶を呼ぶには無理があるだろ!

DSCN9324.jpg
スポンサーサイト
このページのトップへ

アゲハ 夏を生きる美しい勇者たち

 八月も下旬、日照不足の夏が過ぎようとしている
蝶たちが、残り少ない命を燃やす
DSC00648.jpg


DSC00699.jpg

DSC00700.jpg

DSC00701.jpg

DSC00702.jpg

DSC00703.jpg


DSC00662.jpg


DSC00738.jpg

DSC00739.jpg

DSC00740.jpg

DSC00741.jpg

DSC00742.jpg


花に留まってるのがキアゲハ、腹のボテ感からして多分メス、
それにちょっかい掛けてるのはナミアゲハ、同上の様子からして多分オス
種類違いではあるけど、自然界でも、この程度の交雑はたまにあるらしい
DSC00527.jpg

両方とも、後ろ翅の一部は欠けていて、生きることの過酷さを物語っている
DSC00528.jpg

DSC00529.jpg

DSC00530.jpg

DSC00531.jpg

DSC00532.jpg

DSC00533.jpg

DSC00534.jpg

このページのトップへ

ナミアゲハ舞う

 家の裏の畑に行けば、たいてい、何かの蝶は居るが、
五分も居たら汗ダラダラ、ついでに蚊の襲撃を受けるというおまけもつく

 それでも、期待して、猛暑の中をうろついてみる。

アゲハ蝶、第二弾 ナミアゲハ
子供の頃から蝶は好きで見てきたけど、
こんなふうに、自分で、「時が止まった」ようなシーンを撮れるなんて、なんか凄すぎる
 あとは、ミヤマカラスアゲハ、щ(゚Д゚щ)カモーン と欲張ってみる。

DSC00491.jpg

DSC00492.jpg

DSC00493.jpg

DSC00494.jpg


DSC00503.jpg

DSC00504.jpg

DSC00505.jpg

DSC00506.jpg

DSC00507.jpg

DSC00508.jpg

リコリスの花も終わりに近い晩夏
午後7時半で、もう真っ暗に近くなった。
DSC00509.jpg

このページのトップへ

晩夏の彩 ナツズイセンとクロアゲハ

 雨の降らない梅雨が明け、夏至も過ぎれば、
日ごと、日が短くなっていく。
午後7時が、もううす暗い。

 毎年、唐突に咲くナツズイセン
晩夏の雨のあと、蕾を上げ、艶やかな花を咲かせ、あっという間に、姿を消す。
まるで幻のように。
DSC00028.jpg

DSC00052.jpg

DSC00045.jpg


盆頃になると、大型のアゲハが多くなる。
その飛翔力は鳥のよう、天高く舞い上がる。あんな薄っぺらい繊細な羽で。

ヒャクニチソウにやってきたアゲハ
シャッタースピード優先モードで連写、飛ぶ姿が撮れていた
標準レンズで適当に撮っているのに、この速さはありがたい 

アゲハは吸蜜のさいも、常に羽ばたいていて、それがとても速い。
昔のカメラなら、フレームに入れることすら難しかったのに。
DSC00165.jpg

DSC00166.jpg

DSC00167.jpg

DSC00168.jpg

DSC00169.jpg

DSC00170.jpg

こちらはテイクオフの瞬間も… これだけは、クソ暑い夏の、少ない楽しみだ
一回くらい、ミヤマカラスアゲハとか、(この辺では)コアなアゲハに会いたいものだ。
DSC00234.jpg

DSC00235.jpg

DSC00236.jpg

DSC00237.jpg

DSC00238.jpg
このページのトップへ

ヒナゲシ エンジェルス コイール その2

 最初、ぽつりと咲いていただけだったソレは、
日々、花数を増やしていき、やがて、背丈も、見慣れたヒナゲシと変わらないほどになった。

多分、今季の変な気候が功をなしたのだと思う。
普通、花は、自然下で育てると、時期が来れば、どんな小さな苗でも咲いてしまうからだ。
 おかげで、大柄な薔薇が、その群れに埋もれてしまっているが、向こう側から日が当たるのでスルー。
DSC09141.jpg

綺麗なパステルカラーもあるが、大半は、いわゆる「アンティーク調」の色だ。
DSC09124.jpg

DSC09128.jpg

なんなの、この小豆バーのような花は…と最初は思ったものの、
見慣れると、意外に味がある、に変わった。
DSC09126.jpg
ヒナゲシは遺伝的に赤が強いので、赤系統はしっかりした花が咲く。
この花など、フラメンコの衣装を思わせる。
DSC09134.jpg

DSC09173.jpg

一面に咲いてるように見えるが、実際は、80センチ程度の幅で、数カ所に分かれている。
写真は、フレームの中しか見えないからね…
DSC09139.jpg


2017_06_09090.jpg

普通なら、7か月くらいかけ、年をまたいで成長するものを、
温室でもなく、たった四か月で咲かせるなど、かなり無理があることなので、
こんな小さいまま、開花してしまった個体もある。
 ※隣の青い花はニゲラ
2017_06_09054.jpg

こんな季節にヒナゲシが咲くなんて、北海道の7月中頃と同じくらいの気温なんだろうか。
いつもの気温なら、この薄紙のような花びらは、一瞬で日に焼けてしまうだろう。
 実際、暑い日は、午前中しか持たなかったし、
ぎゅうぎゅうの花弁が、開ききらずに焼けてしまったものもある。
雨が沢山降ると、花びらがボーリングしてしまうが、それでも、かなりの数が咲いた。
 こうなると、気候不順にも感謝したいくらいだ。
DSC09180.jpg

DSC09168.jpg

各色載せるので、バリエーションを楽しんでください
DSC09207.jpg

DSC09197.jpg

2017_06_13015.jpg

2017_06_13066.jpg

2017_06_13011.jpg

2017_06_13014.jpg

DSC09170.jpg

6/24 ピークは過ぎ、花が小ぶりになった。
あとは、うまく種を採ることができるように…
DSC09328.jpg

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ナツズイセン

Author:ナツズイセン
お知らせ
連日の業者コメ禁止措置で、無関係な方まで書き込み制限に掛っていたらスミマセン。
キリが無いので、トラバは禁止、コメントは承認制にしました。


 ◆管理人へメール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。